「共感できる毒舌」山里の対応力

南キャン・山里、“よしもと次世代担う”最右翼に? 炎上すら飲み込みネットユーザーを味方に

ORICON NEWS

 “お笑い帝国”吉本興業といえば、明石家さんま、ダウンタウンといったベテラン勢からジャングルポケット、パンサーといった気鋭の若手まで実に層が厚い。そんな中、一体誰が“よしもとの次世代を担うのか”と常々注目されてきたが、いま“南海キャンディーズ・山里亮太”の存在感が急上昇している。昨今、山里は『ねほりんぱほりん』(Eテレ)や『毒出しバラエティ 山里&マツコ・デトックス』(TBS)などで持ち前の“毒気”をいかんなく発揮し、その“炎上”すら飲み込む攻めの姿勢でネットユーザーを味方につけている。かつて弱点とされた“炎上キャラ”を克服し、もはや“怖い物なし”の山里。彼がいかにして今のポジションを手に入れたのか? その要因を分析する。

続きを読む

Wikipediaで調べてみる

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

おすすめ動画ニュース

powered by goo 動画ニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-