是枝監督新作、宮崎あおいが吹替

宮崎あおい、是枝裕和監督の最新作『真実』で洋画吹替初挑戦「ぜい沢な時間でした」

ORICON NEWS

 日本映画として21年ぶりに『カンヌ国際映画祭』の最高賞となるパルムドールを受賞し、『第41回日本アカデミー賞』でも最優秀作品賞など最多8冠に輝いた『万引き家族』(2018年)。そのメガホンをとった是枝裕和監督の初の国際共同製作映画『真実』(10月11日公開)の日本語吹替版キャストとして、宮本信子、宮崎あおい、佐々木みゆが洋画吹替を初めて担当することが発表になった。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索