M―1暴言騒動 なぜ収束しない?

大炎上「M−1」暴言騒動はなぜ収束しないのか?

AERA dot.

■お酒をめぐる不祥事にスポンサーも激怒

 「M−1グランプリ2018」での審査を巡って、2017年チャンピオンのとろサーモン・久保田かずのぶ(39)と、スーパーマラドーナの武智正剛(40)が審査員を務めた上沼恵美子(63)に対して暴言を吐いたとして、大炎上している騒動。例年、M−1放送終了後1週間ほどは、他のお笑い芸人のラジオ番組で必ず結果やネタを巡ってさまざまな議論がなされるが、今年はネタや優勝者よりも今回の騒動に対するコメント一色の状況だ。審査員を務めるダウンタウン・松本人志(55)や上沼本人もコメントを出したのにもかかわらず、自体は収束する気配がない。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-