時代が求めた「ぎぼむす」ヒット

『ぎぼむす』ヒット3つの理由 現代人の共感を得た義母と娘それぞれの“ブルース”

ORICON NEWS

 綾瀬はるか主演の『ぎぼむす』こと『義母と娘のブルース』(TBS系)の最終回が19日に放送され、自己最高視聴率の19.2%で有終の美を飾った。初回11.5%の視聴率から二桁台をキープしながら、第5話以降は右肩上がりに視聴率を伸ばし、最終回で今期民放連続ドラマトップの視聴率をマーク。TBS火曜夜10時枠としては『逃げ恥』以来のヒットと言われ、定番の医療、刑事ものが各期1位を獲得するなか、ホームドラマが健闘したことも話題になった。では、なぜ『ぎぼむす』がウケたのか。その理由を考察する。

続きを読む

関連ニュースをもっと見る

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-