宮沢りえ、表現者の家庭観に持論

宮沢りえ「家庭もちゃんと守って、仕事では攻めまくるのが理想」表現者としての家庭観に持論

Movie Walker

太宰治のスキャンダラスな恋と人生を小栗旬主演で映画化した『人間失格 太宰治と3人の女たち』(公開中)の舞台挨拶が9月23日に新宿ピカデリーで開催され、宮沢りえ、蜷川実花監督が登壇。小説家としての才能にあふれながらも恋の噂が絶えないダメ男、太宰を支える正妻を演じた宮沢が、「自分では、表現者としては、家庭もちゃんと守って、仕事では攻めまくるのが理想かなと思います」と家庭観について持論を語った。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索