文字サイズ
× 閉じる

ずん飯尾 「肩の力抜けた」魅力

芸人俳優・ずん飯尾 普通のおじさん役がどハマりで「癒し系中年タレント」に君臨

AERA dot.

 女優・多部未華子(31)が主演を務めるドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)が好調だ。同作は、製薬会社のMRとして働くキャリアウーマンで家事が苦手という独身女性・相原メイ(多部)が、家政夫を雇うことから始まるハートフルコメディ。新型コロナウイルス感染拡大の影響でスタートが約3カ月遅れたが、初回の平均視聴率(世帯)は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、第2〜4話もすべて12%を越え、健闘している。

 同作で脇役として作品に深みを持たせているのが、医薬品卸会社の営業課長を演じているお笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹(51)。いい人に見えるけど本音を明かさないというキャラクターで、SNS上では「飯尾さん、本当その辺にいそうだから凄い」「いい味出してるというか、演技上手」などの声があり、自然なおじさん感が好評のようだ。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る