文字サイズ
× 閉じる

自殺をまねく学校の不適切指導

「保健室に閉じ込められ、自白を強要された」学校の不適切指導が自殺をまねく

 数年前、東北地方の公立高校で、同級生に対する強制わいせつを疑われ、自白を強要された男子生徒が自宅で自殺未遂をした。被害を訴えた女子生徒は警察に被害届を出したが、事情聴取で被害にあった内容が二転三転したことなどから、男子生徒への嫌疑が晴れた。

 しかし、不適切な指導が生徒を自殺にまで追い詰めるリスクについて、十分に認識されているとは言いがたい。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る