文字サイズ
× 閉じる

意外な場所に 本当の感染リスク

過大視されるリスク、過小視されるリスク 歯磨き感染から考える、本当に注意すべきコロナ対策

47リポーターズ

 非常事態宣言が再度発出された。「1か月で感染拡大を絶対阻止する」。強い言葉で政府は状況打開の決意を強調する。時短要請を受け、東京の夜は午後8時に近づくと足早に帰る人が駅に向かって通り過ぎる。ネオンは相変わらず点いているし、一部で営業している店はあるが、年末と比べると閑散としている。他方「宣言が出ても電車の混雑は変わらない」と、通勤電車での感染不安の声は多い。本当のリスクはどうなのか。現在は、人が過剰に怖がる場面と無頓着な場面が混在している。いわばリスクの過大視と過小視が起きている。背景には感染経路別対策の周知がなされていない現状がある。(リスク管理・コミュニケーションコンサルタント=西澤真理子)

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る