不妊症、男性原因が約半数 調査

時間との勝負 不妊治療はまず男性が取り組もう

 近年、「精子の数が減っている」だけでなく、一見元気に見えても妊娠につながりにくい「精子の老化」というリスクがあることも明らかになってきた(前回記事「ブリーフ・長風呂…不妊を招きかねない男の習慣」参照)。こうした精子のリスクは男性不妊症に直結し、子どもが欲しいと思う人にとっては切実な問題だ。精子の状態を良くするために様々な生活改善の努力をしても、子どもを授からない場合はどうしたらいいのか? 男性不妊症の実態と治療法について、獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科医師・リプロダクションセンター准教授の小堀善友さんに聞いた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-