AID継続困難に 背景にあるものは

出産の真実を知った人が直面する根深い悩み 不妊治療という決断が新たな社会問題を招く

東洋経済オンライン

無精子症によって不妊に悩む夫婦が、匿名の第三者から提供された精子を使い、人工授精によって子どもを持つ医療がある。「非配偶者間人工授精(AID)」と呼ばれ、不妊治療のひとつの方法として確立されている。だが、子どもを願う人のために編み出された医療技術が今、社会に新たな課題を突きつけている。生殖医療の社会的な影響を研究する柘植あづみ明治学院大学教授が解説する。

続きを読む

関連ニュースをもっと見る

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-