認知症と誤解 高齢者の症状実は

高齢者のてんかん、認知症と誤解も 入浴時などに注意

子どものころに発症する病気と思われがちな「てんかん」だが、高齢になって初めて発症する患者が増えている。しかし高齢者のてんかんは、けいれんなどの激しい発作を伴わない患者が多く見逃されがちで、似た症状から認知症と間違われることも少なくない。適切な治療をすれば日常生活を支障なく送ることができるので、早期の発見や周囲の協力が大切だ。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る
-