「産休・育休」給付金受けるには

「産休・育休」中の収入はどこまで下がるのか 17年10月からは2歳まで育休給付金の対象に

東洋経済オンライン

妊娠、出産後も仕事を続ける女性は増えています。ただ、産前産後休業(産休)や育児休業(育休)中は「無給」となる会社が多く、自分の収入がどこまで減るのか、気になる人も多いでしょう。ましてや、出産や育児には、何かと出費がかさむものです。そこで今回は、出産や産休・育休に関連した給付金についてご紹介します。

続きを読む

Wikipediaで調べてみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-