虐待疑われ困惑も 蒙古斑の正体

虐待疑われ困惑も…? 赤ちゃんの体にできる「蒙古斑」の正体とは なぜ青っぽい色?

オトナンサー

 赤ちゃんの体に現れることがある、薄青いあざのような「蒙古(もうこ)斑」。お尻や背中などに見られることが多いですが、中には腕や脚など目立つ部位に出ることもあり、「虐待によるあざ」と誤解され、親がつらい思いをするケースもあるようです。また、大人になってからも消えずに残る場合もあり、やはりあざに間違われたことのある人も。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索