夜中まですごむ虐待親 学校苦慮

「暴言で心折れそう」「子守る務め見失う」 虐待親の圧力に学校苦慮

西日本新聞

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、心愛さんが暴力被害を打ち明けたアンケートのコピーを父勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=に渡すなどした学校側の対応が虐待をエスカレートさせたと批判されている。父親の威圧的な要求に屈した結果だが、九州の教師からは激しい親の要求や抗議に「心が折れそうになった」との声も聞かれる。学校が親と対峙(たいじ)する法的後ろ盾が必要だとして、文部科学省は学校に対応法を助言する弁護士「スクールロイヤー」の活用を検討し始めた。

続きを読む

関連ニュースをもっと見る

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る
-