わいせつ致死 量刑になぜ幅が

<三重中3女子致死>少年に下された判決は「懲役5年以上9年以下」なぜ幅があるの?

三重県の中学3年生の女子生徒(当時15歳)が死亡した強制わいせつ致死事件で、津地方裁判所は3月下旬、当時高校3年生だった被告人の少年(19)に有罪判決を言い渡した。その量刑は「懲役5年以上9年以下」という幅のあるものだった。

報道によると、被告人の少年は2013年8月25日の深夜、花火大会から帰宅途中の少女を襲い、鼻や口を手で塞ぐなどして窒息死させ、現金約6000円を盗んだとされた。津地裁の裁判員裁判で、強制わいせつ致死と窃盗の罪で有罪とされた。

続きを読む

もし情状酌量が認められる場合、どのくらいの刑が?

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る
-