文字サイズ
× 閉じる

自粛で?長期間発見されぬ孤独死

感染恐れる大家、遺体の長期間放置…コロナが変えた「孤独死」の現場

オトナンサー

 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、孤独死の現場が大きく様変わりしています。

 人と一定の距離を保つ「ソーシャルディスタンス」が声高に叫ばれていることで、地域の見守りが困難になり、たとえ室内で亡くなったとしても、遺体が長期間発見されないという事態が起きているのです。また、亡くなった人が新型コロナウイルスに感染していた疑いがある事例も発生するなど、これまで以上に感染リスクに気を使う必要性も出てきています。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る