文字サイズ
× 閉じる

14歳で性暴力被害に 女性の思い

14歳で塾講師から性暴力受けた女性、大人になって気づいた被害 「子どもが守られる法律に」

学校や塾、習い事など教育の場で、教師ら指導者による子どもたちへの性暴力が問題となっている。文科省が毎年おこなっている公立校教員の調査によると、「わいせつ行為等」により懲戒処分を受ける教師は年々、増加している。2018年度は282人で、1977年に調査を始めて以来、過去最多を記録した。

そうした中、注目を集めているのが、在校時から札幌市立中学の男性教師に性的被害を受けていたとして、教師と札幌市を相手取り、石田郁子さんが起こしている民事訴訟だ。東京高裁で9月24日、口頭弁論が開かれる。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る