文字サイズ
× 閉じる

非接触型体温計 仕組みと留意点

「平熱」なのに「発熱」しかも何度も… いまいち知られていない非接触型体温計の使い方

まいどなニュース

 新型コロナウイルス禍の今、外出先で検温を求められる機会が増えている。商業施設やレジャー施設のスクリーニングで用いられているのが、非接触型体温計やサーモグラフィーだ。先日、記者が医療機関を定期受診した際も非接触型体温計で検温されたが、風邪症状がないのに結果は「37・6度」。何度計り直しても表示される体温は下がらず、ペンシル型体温計で脇の下を計ってようやく「平熱」と判断された。この時に限ったことではなく、同じ体験を何度もしている。なぜ「平熱」なのに「発熱」と計測されてしまうのだろう。医療機器メーカー「オムロンヘルスケア」(京都府向日市)に、非接触型体温計の仕組みと留意点を聞いた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る