CT診断共有せず がんで男性死亡

CT診断共有せず患者死亡 横浜市大、がんの疑い指摘

 横浜市立大病院(横浜市金沢区)は25日、同市の60代男性がコンピューター断層撮影装置(CT)検査で「腎臓がんの可能性」と診断されながら院内で情報共有されず、検査から約5年半後に死亡したと発表した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-