あの油のせいで…家族が次々病に

黒い赤ちゃん「次の子も」 底知れぬ不安 カネミ油症次世代の今・1 2世ら50年目の枷語る

長崎新聞

 半ば諦めにも似た感情が心を覆っている。長崎県内本土に暮らすカネミ油症の認定患者、永井達也(46)は生まれてこのかた、体調の良い日を過ごした記憶がない。強い倦怠(けんたい)感、突然の鼻血、関節の痛み−。日々何かしらの症状が、もはや“普通”になっている。「治療法の解明は結局、永遠のテーマで終わるんでしょうね。出口はないんですよ」。そう言って寂しげに笑みを浮かべた。

続きを読む

関連ニュースをもっと見る

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-