肺がん見逃し治療1年遅れる

肺がん見逃し治療1年遅れ 堺市立総合医療センター

共同通信

 堺市立総合医療センター(堺市西区)で、50代男性の胸部エックス線検診を担当した医師がエックス線画像を取り違えたのが原因で肺がんの疑いを見逃し、治療開始が約1年遅れたことが9日、同センターへの取材で分かった。男性は既に治療を受けて回復しており、ミスを認めたセンターと示談している。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-