福岡の診療所、承認外の再生医療

承認外の細胞患者に投与、福岡 再生医療で、一時中止求める

 福岡市のクリニックが4月に自由診療で始めたアルツハイマー病を治療する再生医療が、患者4人に対し国に届け出た計画から外れた方法で行われていたことが18日、分かった。別の目的で何年も前に患者自身から採取し、保管していた細胞を投与するなどしていた。国の認定を受けて治療を審査、監督する専門家委員会が問題を指摘し、クリニックに治療の一時中止と改善を求めた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-