強制不妊で追加提訴 宮城の2男性

強制不妊手術で追加提訴、宮城 「心と体に傷、国謝罪を」

共同通信

 旧優生保護法(1948〜96年)下で知的障害を理由に不妊手術を強制された宮城県の70代と80代の男性が17日、国が救済や立法措置を怠ったのは違法として計6600万円の損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。子どもを産み育てるかどうかを自ら決める権利を奪われたと主張している。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-