文字サイズ
× 閉じる

模造切手販売疑いで4人書類送検

模造切手販売疑いで書類送検 レア物狙い転売、警視庁

共同通信

 インターネットオークションで郵便切手の模造品を売ったとして、警視庁保安課は28日、郵便切手類模造取締法違反の疑いで、富山市の男性会社員(56)ら4人を書類送検した。同課によると、コレクターに人気の図柄を販売。中でも戦後初期に作られた「電気炉」の図柄は、正規品なら1枚8万5千円ほどで取引されるという。同法での立件は全国初とみられる。

 

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る