文字サイズ

根強く残る清掃業従事者への差別

「だまって もってけ 糞ゴミ屋」いまだ根強く残る“清掃業従事者”に対する“差別”“侮辱”のリアル

文春オンライン

現場に到着すると臭いに圧倒され、作業終わりには吐息がごみ臭く…想像を上回る“ごみ収集作業員”の“苦労” から続く

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐべく、政府から発令された緊急事態宣言。以降、巣ごもり生活をする人が増加し、その結果、大量の家庭ごみが日々排出されるようになった。そうした状況もあり、エッセンシャル・ワーカーと称されるごみ収集に従事する人々への関心も一時集まった。しかし、かつては清掃事業者には心無い言葉が投げかけられることも決して珍しくなかったという。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る