文字サイズ
× 閉じる

性被害の県警対応「苦痛」 提訴

性被害「虚偽」とされ苦痛と提訴 静岡県警対応巡り、浜松市の女性

共同通信

 性犯罪被害を申告した静岡県の警察署で警察官から心ない言葉を浴びせられ、精神的苦痛を受けたとして、浜松市の20代女性が県に慰謝料など1100万円の損害賠償を求める訴訟を静岡地裁浜松支部に起こしていたことが20日、原告代理人弁護士などへの取材で分かった。女性は、警察官に虚偽申告をしていると決めつけられ「二次被害を被った」と主張。県警監察課は「訴状を精査し適切に対応していく」としている。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る