竹下内閣、改元日を巡り見解作成

昭和天皇逝去2日後の改元も 竹下内閣が見解

共同通信

 昭和天皇逝去後の改元日を巡り、改元政令の公布を国民に伝える官報の入稿時刻が午後10時を過ぎた場合、公布は翌日となり、改元は翌々日にずれ込むとの見解を当時の竹下内閣が作成していたことが10日、共同通信の情報公開請求で明らかになった。政令公布の手続きは官報の掲示か販売をもって完了する。印刷が遅れれば、同日中に間に合わないと判断した。

続きを読む

関連ニュースをもっと見る

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-