地方交付税配分、7年ぶり増額へ

交付税配分を7年ぶり増 赤字地方債は7千億円圧縮

 総務、財務両省は14日、2019年度に自治体に配る地方交付税を18年度に比べ2千億円増の16兆2千億円とする方向で最終調整に入った。増額は12年度以来7年ぶり。交付税で補いきれない財源不足を穴埋めするため、自治体が発行する臨時財政対策債(赤字地方債)は7千億円少ない3兆3千億円に抑制。来年の統一地方選と参院選を見据え、厳しい状況が続く自治体財政に配慮した格好だ。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-