改憲論議めぐり 渦巻く疑心暗鬼

憲法改正論議、進まなければ衆院解散か 安倍首相「公正、円満に」、野党は疑心

47リポーターズ

 「最大与党の自民党総裁として、憲法改正論議を推進する責任を果たさなければならない」。臨時国会が開会し、安倍晋三首相は10月11日の衆院予算委員会で改めて改憲実現への決意を示した。だが、果たして改憲論議は進むのだろうか。首相は「公正で円満な運営」を訴えるが、野党内に「安倍一強」的手法への懸念は消えない。業を煮やした首相が衆院解散に踏み切るとの観測も流れる。憲法を巡り疑心暗鬼が渦巻く。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る