文字サイズ
× 閉じる

筋ジスの市議に「先輩」がバトン

難病の市議に渡った「挑戦のバトン」 筋ジストロフィー患者、障害感じぬ社会へ全力

47リポーターズ

 昨年11月、埼玉県桶川市に全身の筋肉が衰えていく難病「筋ジストロフィー」患者の市議会議員が誕生した。浦田充(うらた・みつる)さん、27歳。電動車いすで生活する浦田さんが政治家を目指した背景には、同じ病で選挙に挑戦した先輩の姿があった。「挑戦のバトン」を受け取った浦田さんは、障害を感じずに暮らせる社会を実現するため全力を注ぐ。(共同通信=沢田和樹)

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る