文字サイズ
× 閉じる

「美麗種」新種ゴキブリを発見

ブルーメタリックに黄色い帯!35年ぶりの新種ゴキブリは「美麗種」

ニュースイッチ

法政大学の島野智之教授、竜洋昆虫自然観察公園の柳澤静磨職員、鹿児島大学の坂巻祥孝准教授らの研究チームは24日、日本では35年ぶりとなる新種のゴキブリ2種を発見したと発表した。南西諸島(鹿児島−沖縄県)でルリゴキブリ属のゴキブリを発見したもので、ブルーメタリックに黄色い帯という美しい姿をしている。これまでルリゴキブリ属のゴキブリは日本では石垣島や西表島に生息する1種のみだった。現在、日本産ゴキブリは57種が知られており、今回の発見で合計59種となった。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る