宮城沿岸の被災地で死亡事故急増

沿岸被災地で死亡事故急増、宮城県内全体の6割超す 道路など生活環境変化原因か

河北新報

 宮城県内で2018年上半期(1〜6月)に発生した交通死亡事故で、沿岸部の割合が大幅に増加していることが県警のまとめで分かった。県全体の死者25人のうち、沿岸9署(気仙沼、南三陸、河北、石巻、塩釜、仙台東、仙台南、岩沼、亘理)管内は計16人。全体に占める割合は64.0%で前年より20ポイント以上高く、県警は危機感を強めている。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索