新田原米軍整備の方針 住民懸念

周辺住民不安と理解 新田原米軍受け入れ

 航空自衛隊新田原基地(新富町)に、米軍が緊急時に使用する武器弾薬庫や駐機場の整備を政府が検討していることが明らかになった。基地周辺住民からは21日、「新田原が外国からの攻撃対象になるのでは」「航空機騒音が心配」などの懸念が聞かれた。在日米軍再編の一環として2007年に基地周辺自治体と国が交わした協定に基づいた今回の整備計画。沖縄の負担軽減に理解を示した上で、施設概要など住民への細かい説明を求める声もあった。

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索