菊池寛の直筆原稿 鑑定に6年

菊池寛「妖妻記」直筆原稿、資料少なく鑑定に6年の歳月 実験的作品? 本人も積極的に発信せず…14日から高松の記念館で展示

産経新聞

 高松市が13日、発表した作家、菊池寛(1888〜1948年)の怪奇小説「妖妻記(ようさいき)」の直筆原稿の発見。市は平成23年に筆跡などの鑑定から菊池の作品という確証を持って、東京都内の古書店から購入していたが、資料が少なく「夕刊大阪新聞」での掲載を突き止めるには約6年もの時間を要した。直筆原稿や同時に見つかった挿絵などは同市の菊池寛記念館で14日から展示される。

続きを読む

Wikipediaで調べてみる

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索