難病生徒の詩に盲目シンガーが曲

難病生徒の詩、盲目シンガーが曲つけ披露

東奥日報

 全身の筋肉が骨化していく難病と闘う弘前南高校1年の平田和実(なごみ)さん(16)が書いた詩に、青森県むつ市出身の盲目のシンガー・ソングライター、板橋かずゆきさん(48)が曲をつけ歌を紡いだ。タイトルは、弘前公園の桜にちなんだ「華(はな)」。困難を抱えていても、人生をあきらめない−。そんな2人の思いが重なった。9日、板橋さんが平田さんに、できたばかりの歌を贈った。【写真説明】両親とともに、板橋さんの歌を聴く平田さん

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索