在宅死4割の島「みとりは文化」

「坊勢にいにたい」在宅死4割の離島と、それを20年支える医師 

神戸新聞

 家で最期を迎える「在宅みとり率」が4割を超す島がある。約2千人が暮らす兵庫県姫路市家島町の坊勢島(ぼうぜじま)。島内唯一の診療所「市立ぼうぜ医院」の下宮一雄医師(58)が、2005〜16年度の島内での総死亡数と、家でみとった件数を照らし合わせた結果、40%に達した。全国平均は1割強。坊勢島では島外に入院していても「最期は島で」と戻ってくる住民がいる。島で勤務して20年の下宮医師は「みとりは文化」と語る。(中島摩子)

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る