「猫とお墓に入れる寺」で写真展

「猫とお墓に入れる寺」で猫写真展、ブームの裏にある捨て猫問題に一石投じる

Walkerplus

近年、“猫ブーム”が続き、多くのメディアで可愛い猫の特集が行われる。特に2月22日の「猫の日」前後には、猫に関連するイベントの開催や商品が取り上げられ、2019年にはTwitterが「猫の日」キャンペーンを開催するなど、日本人の猫への注目度は高い。そんな中、千葉県袖ケ浦市にある曹洞宗真光寺で、 写真家の亀井拓也さんによる猫の写真展「地域猫作品展」が開催されている。何故、猫の写真展の会場にお寺を選んだのか。その理由を亀井さん本人に聞くと、愛玩動物としてもてはやされる一方で、依然解消されない捨て猫問題へ一石を投じる意図があった。飼い主のいない”地域猫”が抱える問題とは。

続きを読む

関連ニュースをもっと見る

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索