災害時の福祉施設継続を 鹿児島

大規模災害時の高齢者福祉施設継続計画の作成進む 鹿児島県内

南日本新聞

 鹿児島県内の高齢者福祉施設で、地震などの大規模災害時に、利用者の生命を守りながら必要なサービスを提供する事業継続計画(BCP)の作成が進んでいる。計画は「発生後、外部の支援が整うまでの3日間をしのぐ」ためのもの。県老人福祉施設協議会が、2010年の奄美豪雨や11年の東日本大震災を機に作成を促している。策定率は17年度、会員241施設のうち6割を超えた。

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索