イノシカバーガーを商品化 埼玉

<ジビエ>「イノシカバーガー」商品化 高校生が開発 埼玉

毎日新聞

 埼玉県立皆野高(同県皆野町)の生徒がシカとイノシシの肉を使って開発したジビエ料理の「激推(げきおし)イノシカバーガー」(1個500円)が、同県秩父市のパン店「橋本菓子工房」で毎週金曜日限定で販売されている。店主の橋本誠さん(54)は「生徒の商品開発から始まり、地域イベントでの販売実習を経て一般商品に育ったのは驚きだ。地域活性化のため、少なくとも年内は販売を継続したい」と話している。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索