ガラス万年筆を復活 大分の会社

昭和の「ガラス万年筆」復活 女性ターゲット、海外で販売も 大分の会社

西日本新聞

 昭和初期に普及し戦後に廃れた筆記具「ガラス万年筆」を、大分県豊後高田市の輸入雑貨販売「ワンチャー」が復活させた。やわらかく渦を巻いてペン先となるガラスの繊細なフォルムは当時の日本の高い技術力を物語る。同社は女性をターゲットに、今夏にも日本と台湾で同時発売する予定だ。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索