伊賀忍者は松江城下に?絵図分析

伊賀忍者、松江城下に 三重大・山田教授、江戸時代の絵図から分析

中日新聞プラス

 伊賀流をはじめとする忍者ブームの中、史実を発掘して観光の起爆剤にしようと、全国の自治体で各藩に仕えた忍びたちの存在を解き明かそうとする動きが活発化している。そのひとつ松江市では、忍者研究の第一人者である三重大の山田雄司教授が江戸時代の松江城下町絵図を分析。伊賀者が「鉄砲隊」として備えていたことや、情報を探索する「早道(はやみち)」の存在が明らかになった。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索