焦る沖縄観光業に熊本城がエール

熊本城からエール「必ず観光客戻ってくる」 焦る沖縄の観光業「再建もコンテンツ」

沖縄タイムス

[失われた象徴 首里城炎上](7)観光への影響  首里城の火災から1週間たっても、正殿への入り口「歓会門」は閉ざされ、観光客は焼けた北殿を遠目に見て次々と引き返していた。例年なら修学旅行客でにぎわう時期だが、人通りはまばら。周辺の飲食店や土産品店からは「再建が長引けばどうなるのか」と不安が漏れる。被害を免れたエリアだけでも早期に開放できないか−。沖縄観光の「象徴」を失った影響を最小限に抑えようと、観光業界も頭を悩ませる。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る