祭りの牛行列自粛「火牛」に関心

稲わらの火牛 代役モデルに 口蹄疫心配…小矢部の知恵拝借

中日新聞プラス

 富山県小矢部市の祭りで知られる「火牛(かぎゅう)」をモデルにした稲わらの牛が、大分県由布市湯布院町で来年夏に開かれる「ゆふいん盆地まつり」で、本物の牛の「代役」として登場する可能性が出てきた。湯布院町の関係者が六日、小矢部市を訪れ、火牛を視察。家畜の伝染病・口蹄疫(こうていえき)対策で練り歩きが自粛になった牛の代役にしたいと、強い関心を寄せた。(山森保)

続きを読む

Wikipediaで調べてみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索