平等院の木材 1046年伐採と判明

平等院鳳凰堂に1046年の木材 年輪年代測定で判明

共同通信

 平等院(京都府宇治市)は18日、関白・藤原頼通が建立した鳳凰堂(1053年創建、国宝)の屋根に用いられた木材を調査したところ、7年前の1046年に伐採したヒノキ材だったと発表した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る