外来カミキリで被害 桃農家苦慮

外来カミキリに農家苦慮 佐野、足利の桃など被害 幼虫食害で枯死の可能性も

下野新聞

 桃や梅、桜などに寄生し、食害で樹木を衰弱させる外来種の昆虫「クビアカツヤカミキリ」。昨年は佐野、足利両市の桃農家で被害を確認、今年は同市の民家の庭木からも幼虫が見つかるなど、影響が広がりつつある。しかし防除方法は確立しておらず、完全駆除は困難。今月半ば以降は幼虫が成虫へと羽化するピークを迎えるだけに、農家などは対応に苦慮している。

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索