「狩りガール」10年で4倍に 栃木

「狩りガール」10年で4倍 栃木県内獣害、ジビエ流行背景

 「狩りガール」とも呼ばれる狩猟免許を持つ女性が県内で増加傾向にある。2017年度は47人を数え、12人だった07年度の約4倍に上った。ジビエ(野生鳥獣肉)料理ブームなどで狩猟のイメージが見直され、全国的に増加している。イノシシやシカなどの野生鳥獣による農作物被害が後を絶たない中、農林業関係者が免許取得に乗り出すケースも少なくないという。

関連ニュースをもっと見る

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索