卒業ソング多様化 消えゆく定番

卒業ソングに「新旧交代」

長崎新聞

 思い出が詰まった学びやを巣立つ3月。この時季に欠かせない卒業ソングが、県内でも変わりつつある。定番だった「蛍の光」「仰げば尊し」は今や少数派となり逆に、合唱曲「旅立ちの日に」が"台頭"。さらに人気アーティストなどの楽曲を選ぶ学校もある。"新旧交代"が進む卒業ソング事情を長崎市内の公立中学校で調べた。

続きを読む

Wikipediaで調べてみる

ニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

dメニュー関連コーナー

主要なニュース

地域の主要なニュース一覧を見る

19時17分更新

ニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索