パンダ?胴回りだけ白いサル撮影

パンダみたいなサル撮った 小国の集落で舟山さん

山形新聞

 飯豊連峰の麓にある小国町南部の中田山崎集落で、体毛の一部が白いニホンザルが見つかり、同町片貝の舟山小三郎さん(82)が写真撮影に成功した。サルは胴回りだけ帯状に白い毛が生え、通常の毛色と相まってパンダのような色柄を成している。米沢市で天然記念物「吾妻の白猿」の観察を続ける「白猿会」の縮文夫会長は「白猿とは違うもので、今まで見たことがない」と話している。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る