桐生9秒台の競技場 付加価値期待

陸上界の「メッカ」へ期待 日本人初9秒台で付加価値

福井新聞

 陸上の日本学生対校選手権男子100メートル決勝で桐生祥秀選手(東洋大)が9秒98をマークした福井市の福井県営陸上競技場は、日本人が初めて9秒台に突入した歴史的な場所になった。来年秋の福井国体を前に、福井陸協の木原靖之専務理事は「日本で1カ所しかない付加価値がついた」と喜ぶ。陸上界の新たな“メッカ”になると期待され、走りたいというアスリートやジュニア選手らが増えそうだ。

続きを読む

Wikipediaで調べてみる

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索