鳥取で東北料理提供 店主の思い

鳥取でおいしい東北料理が食べられるわけ 3・11被災後に石巻から避難、二つの故郷への思い

47リポーターズ

 城下町の名残をとどめる鳥取市西部の鹿野町。その一角にある古民家で9月、「ずんだ餅」や「油麩丼(あぶらふどん)」などの東北料理を提供する「創作味処そろそろ」がオープンした。店主は宮城県石巻市出身の神山孝光(かみやま・たかみつ)さん(59)。山陰地方でなぜ東北料理なのか。そこには、料理人として復活を遂げた神山さんの人生と、二つの故郷への思いがあった。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る